Human Evolution Studies

京都大学人類進化論研究室へようこそ

last update: Jun 2016

人類進化論研究室は、おもに野生霊長類を対象として、フィールドワークの手法を中心に、その生態・行動・社会を明らかにし、究極的にはホミニゼーション(ヒト化)が起こった過程や人間性の進化を考察することを目標としています。

お知らせ

ニュース

発表賞受賞(第33回日本霊長類学会大会)( 2017/07/18)

第33回日本霊長類学会大会での発表予定( 2017/07/05)

ニホンザル研究セミナーでの発表( 2017/06/12)

『現代思想』「変貌する人類史」刊行( 2017/05/29)

著書刊行:辻大和・中川尚史『日本のサル―哺乳類学としてのニホンザル研究』(東京大学出版会)(2017)( 2017/05/22)

日本生態学会発表:本郷峻「カメラトラップと動画解析によるマンドリルの社会生態研究」( 2017/03/04)

【寄稿】 田島知之「人はなぜ他者に与えるのか: 霊長類研究というアプローチ」( 2017/01/19)

『Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research』がCHOICE誌による「傑出した学術図書」の一冊に選ばれました( 2017/01/18)

2016年度 人類学講座 修士論文発表会(2月3日)( 2017/01/11)

論文刊行: 蔦谷匠ほか『ゆりかごから墓場まで』( 2016/12/19)

その他のニュース一覧

このサイトの内容