戻る

西川真理

[最終更新:2015年9月1日]

■Personal Information

■出版物

●原著論文

  1. Nishikawa, M.(2009) Predation on the gecko, Gekko yakuensis, by the Japanese monkey, Macaca fuscata yakui. AKAMATA 20: 1-4. (in Japanese)
  2. Nishikawa, M., Mochida, K. (2010) Coprophagy-related interspecific nocturnal interactions between Japanese macaques (Macaca fuscata yakui) and sika deer (Cervus nippon yakushimae). Primates 51: 95-99.
  3. Nishikawa, M. (2011) Predatory behavior of Japanese macaques Macaca fuscata yakui (Primates: Cercopithecidae) on birds' eggs and nests on Yakushima Island, Japan. THE BIOLOGICAL MAGAZINE OKINAWA 49: 57-64.
  4. Mochida, K., Nishikawa, M. (2014) Sleep duration is affected by social relationships among sleeping partners in wild Japanese macaques. Behavioural Processes 103: 102-104.
  5. Nishikawa, M., Suzuki, M., Sprague, D. S. (2014) Activity and social factors affect cohesion among individuals in female Japanese macaques: A simultaneous focal‐follow study. American Journal of Primatology 76: 649-703.
  6. Nakagawa, N., Matsubara, M., Shimooka, Y., Nishikawa, M. (2015) Embracing in a wild group of Yakushima macaques (Macaca fuscata yakui) as an example of social customs. Current Anthropology 56: 1-17

●商業誌

  1. 西川真理(2009)「皆既日食とヤクシマザル」 屋久島ヒトメクリ., ArBor出版, 1: 26.
  2. 西川真理(2011)「夜の森でヤクシマザルは。」 屋久島ヒトメクリ., ArBor出版, 7: 30.
  3. 西川真理(2012)「暗視カメラが拓く夜の生態学」 日本のサル学のあした-霊長類研究という「人間学」の可能性, 京都通信社, pp 114-115.
  4. 西川真理(2015)「環境の中で動物の<ふるまい>を観る」 動物と出会う−II:心と社会の生成, ナカニシヤ出版, pp 85-87.

●紀要・その他

  1. 西川真理(2006)「常緑樹林帯に生息するニホンザル雌の順位による採食樹利用パターンの違い」 京都大学霊長類研究所年報 36: 116.
  2. 西川真理(2007)「ニホンザルにおける採食樹繰り返し利用の究極要因」 京都大学霊長類研究所年報 37: 133-134.
  3. 西川真理(2008)「植物の成分含有量の種内変異がニホンザルの採食樹繰り返し利用に与える影響」 京都大学霊長類研究所年報 38: 101.
  4. 西川真理(2009)「採食樹内でおこる敵対的交渉後にみられるニホンザル低順位個体の採食樹選択」 京都大学霊長類研究所年報 39: 121.
  5. 西川真理(2010)「ニホンザルにおける食物を巡る競合と競合回避」 京都大学霊長類研究所年報 40: 141.
  6. 西川真理, 鈴木真理子, David Sprague(2010)「GPSを用いた同時2個体追跡から明らかになったニホンザルにおける群れの広がり」 生態人類学会ニュースレター 15: 8-10.   
  7. 西川真理, 持田浩治(2011)「屋久島におけるシカのサル糞食行動に関する基礎的研究」 京都大学霊長類研究所年報 41: 117.   
  8. 持田浩治, 西川真理(2014)「闇夜に隠されたサルの眠り」 屋久島学 1: 55-56.

■学会発表

●国際会議

  1. Matsubara, M., Tatsuzawa, S., Hanya, G., Nishikawa, M. (2007) Effect of mass mortality of Japanese macaques on demography of Japanese deer in Yakushima. The 21 st Pacific Science Congrese, Okinawa, Japan.
  2. Nishikawa, M. (2008) Evidence for spatial knowledge about food resource of Japanese macaques (Macaca fuscata) in terms of traveling patterns. XXII Congress of the International Primatological Society, Edinburgh, UK.
  3. Nakagawa, N., Shimooka, Y., Nishikawa, M., Matsubara, M. (2008) Local variation of a strange tension-reduction behaviour in Japanese Macaques (Macaca fuscata). XXII Congress of the International Primatological Society, Edinburgh, UK.
  4. Nishikawa, M., Suzuki, M., Sprague, D.S. (2010) Travel routes to feeding sites of female Japanese macaques in relation to social rank and food distribution. XXIII Congress of the International Primatological Society, Kyoto, Japan.
  5. Mochida, K., Nishikawa, M. (2010) Coprophagy-related interspecific nocturnal interactions between Japanese macaques and sika deer. XXIII Congress of the International Primatological Society, Kyoto, Japan.
  6. Sprague, D.S., Nishikawa, M. (2010) Constructing travel routes from GPS data collected during focal animal follows of Japanese macaques in Yakushima, Japan. XXIII Congress of the International Primatological Society, Kyoto, Japan.
  7. Nakagawa, N., Sugiura, H., Matsubara, M., Hayakawa, S., Fujita, S., Suzuki, S., Shimooka, Y., Nishikawa, M. (2010) Local differences in mating patterns in Japanese macaques (Macaca fuscata). XXIII Congress of the International Primatological Society, Kyoto, Japan.
  8. Sprague, D.S., Nishikawa, M. (2012) Linking GPS data with behavior to study the travel ecology of the Japanese macaques of Yakushima Island, Japan. The 81th Annual meeting of American Association of Physical Anthropologist, Portland, USA
  9. Nishikawa, M., Suzuki, M., Sprague, D.S. (2012) Fission-fusion dynamics and group coordination by Japanese macaques. XXIV Congress of the International Primatological Society, Cancun, Mexico.
  10. Nakagawa, N., Sugiura, H., Matsubara, M., Hayakawa, S., Fujita, S., Suzuki, S., Shimooka, Y., Nishikawa, M., Suzuki, M. (2012) Strategic and tactical differences of mounting patterns in Japanese macaques (Macaca fuscata). XXIV Congress of the International Primatological Society, Cancun, Mexico.
  11. Nishikawa, M., Suzuki M, Sprague D.S. (2014) Synchrony in activity and travel direction increase with the degree of spatial cohesion in Japanese macaques. XXV Congress of the International Primatological Society, Hanoi, Vietnam
  12. Nishikawa, M., Mochida, K. (2014) Interruption factors on sleep at night in wild Japanese macaques under predator?free environment. XXV Congress of the International Primatological Society, Hanoi, Vietnam
  13. Sprague, D.S., Nishikawa, M. (2015) Spatial structure in the distribution of feeding trees used by the Japanese macaques of Yakushima Island, Japan. The 84th Annual meeting of American Association of Physical Anthropologist, St Louise, USA

●国内学会

  1. 中川尚史, 下岡ゆき子, 西川真理, 松原幹 (2006) ニホンザルにおける"ハグハグ"行動パタンの地域変異. 日本霊長類学会第22回大会. 大阪.
  2. 杉浦秀樹, 田中俊明, 揚妻直樹, 早川 祥子, 香田 啓貴, 早石 周平, 柳原 芳美, 半谷吾郎, 藤田志歩, 松原幹, 宇野壮春, 清野未恵子, 鈴木真理子, 西川真理, 室山泰之(2006) 屋久島におけるニホンザルの個体数変動. 日本霊長類学会第22回大会, 大阪.
  3. 中川尚史, 下岡ゆき子, 西川真理, 松原幹 (2006) ヤクシマザル(Macaca fuscata yakui)で見つかった風変わりな緊張緩和行動. 日本哺乳類学会2006年度大会, 京都.
  4. 杉浦秀樹, 田中俊明, 揚妻直樹, 早川 祥子, 香田 啓貴, 早石 周平, 柳原 芳美, 半谷吾郎, 藤田志歩, 松原幹, 宇野壮春, 清野未恵子, 鈴木真理子, 西川真理, 室山泰之(2006) 野生ホンザルの個体数変動. 日本生態学会第54回大会, 愛媛.
  5. 寺川 眞理, 井鷺 裕司, 西川 真理, 松井 淳, 湯本 貴和 (2007) 糞中のヤマモモの内果皮遺伝解析に基づくヤクシマザル種子散布特性の解明. 第118回日本森林学会, 福岡.
  6. 西川真理(2007)屋久島に生息するニホンザル(Macaca fuscata yakui)における採食樹の選択. 日本生態学会第54回大会, 愛媛.
  7. 西川真理 (2007) ヤクシマザルの採食樹への移動 ―繰返し利用の観点から―. 日本霊長類学会第23回大会, 滋賀.
  8. 中川尚史, 杉浦秀樹, 松原幹, 早川祥子, 藤田志歩, 鈴木滋, 下岡ゆき子, 西川真理 (2007) ヤクシマザルにおける性交渉パタンの多様性. 日本霊長類学会第23回大会, 滋賀.
  9. 中川尚史, 杉浦秀樹, 松原幹, 早川祥子, 藤田志歩, 鈴木滋, 下岡ゆき子, 西川真理 (2007) ヤクシマザルにおける交尾戦術:交尾パタンの分析から. 日本哺乳類学会2007年度大会, 東京.
  10. 中川尚史, 下岡ゆき子, 西川真理, 松原幹 (2007) ニホンザル(Macaca fuscata)における風変わりな緊張緩和行動の地域変異. 日本動物行動学会第26回大会, 京都.
  11. 中川尚史, 杉浦秀樹, 松原幹, 早川祥子, 藤田志歩, 鈴木滋, 下岡ゆき子, 西川真理 (2008) ヤクシマザルにおける交尾パタンの地域変異. 日本哺乳類学会2008年度大会, 山口.
  12. 西川真理, 鈴木真理子, David Sprague(2009) ヤクシマザルにおける採食競合と群れの広がり.生態人類学会第14回研究大会, 山梨.
  13. 中川尚史, 杉浦秀樹, 松原幹, 早川祥子, 藤田志歩, 鈴木滋, 下岡ゆき子, 西川真理 (2009) ニホンザルにおける交尾パタンの地域変異. 日本霊長類学会第25回大会, 岐阜.
  14. 西川真理, 持田浩治 (2009) ヤクシマザルの睡眠を阻害するヤクシカ−夜間にサル糞を食べにくるシカ−. 日本哺乳類学会2009年度大会, 台北.
  15. 西川真理, 鈴木真理子, David Sprague(2011) 屋久島に生息するニホンザルの離散集合動態.日本霊長類学会第27回大会, 犬山.
  16. David Sprague, 西川真理(2011) 個体観察中に取得したGPS側位値から構築する距離・遊動データ.日本霊長類学会第27回大会, 犬山.
  17. 西川真理, 鈴木真理子, David Sprague(2011) 野生ニホンザルにおける群れ内での個体の離散集合動態.日本動物行動学会第30回大会(Animal 2011), 東京.
  18. David Sprague, 西川真理(2012) GPSで記録した個体追跡位置情報に基づくヤクシマザルの活動別行動圏および移動距離.日本霊長類学会第28回大会, 名古屋.
  19. David Sprague, 西川真理(2013)ヤクシマザルの個体追跡中に取得したGPS測位値から推定する遊動ルートのスムージングのキャリブレーションによる距離精度の改善, MPJ (第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会),岡山.   
  20. 鈴木真理子, 西川真理, David Sprague(2014)ニホンザルはいつ鳴き交わすのか〜群れの広がりとの関係, 日本霊長類学第30回大会, 大阪.   
  21. 西川真理, 鈴木真理子, David Sprague(2014)屋久島に生息する野生ニホンザルの活動と移動方位の同調性, 日本霊長類学第30回大会, 大阪.
  22. David Sprague, 西川真理, 鈴木真理子(2014)GPS測位に基づく野生ニホンザルの移動方位データの円形度数分布, 日本霊長類学第30回大会, 大阪.   
  23. David Sprague, 西川真理(2015)屋久島の野生ニホンザルによる採食樹木の利用の空間構造, 日本霊長類学第31回大会, 京都.

●シンポジウム・研究会・自由集会

  1. 中川尚史, 下岡ゆき子, 西川真理, 松原幹 (2006) ニホンザルにおける風変わりな緊張緩和行動パタンの地域変異. COE成果発表会, 京都.
  2. 西川真理 (2007) ニホンザルの採食樹に関する空間知識−移動距離と移動速度の観点から. 第8回ニホンザル研究セミナー, 愛知.
  3. Nishikawa, M. (2008) Does Japanese monkey have spatial knowledge about food resources? The 2nd International Symposium of the Biodiversity & Evolution (Global COE Project), Kyoto, Japan.
  4. Nishikawa, M., Suzuki, M., Sprague, D.S. (2010) Simultaneous travel route comparisons between pairs of female Japanese macaques in relation to social rank and food distribution. The 4th International Symposium of the Biodiversity & Evolution (Global COE Project), Kyoto, Japan.
  5. Mochida, K., Nishikawa, M. (2010) Behaviors of wild Japanese macaques under cover of darkness. The 4th International Symposium of the Biodiversity & Evolution (Global COE Project), Kyoto, Japan.
  6. 西川真理 (2012) 他種の存在が夜間の霊長類に与える影響. 日本霊長類学会第28回大会,自由集会「夜の動物の行動」, 名古屋.
  7. 西川真理, 持田浩治(2014)暗視ビデオカメラの動画を用いた夜間におけるニホンザルの睡眠およびニホンジカとの種間交渉の研究. 日本哺乳類学会2014年度大会,自由集会「映像記録を用いた直接観察の困難な野生哺乳類の行動研究」, 京都.

■職歴 (大学での非常勤講義)

 

戻る