新着情報詳細

2018/01/18

2017年度 人類学講座 修士論文発表会(2月5日・6日)

予定

■2018年2月5日
13:00〜14:00 猪原樂(人類進化論研究室)
「飼育下ニシローランドゴリラの社会的遊びの特徴にみるコドモ期の社会関係」

14:00〜15:00 石島光(自然人類研究室)
「縄文時代人骨における外耳道外骨腫の頻度」

15:00〜15:15 休憩

15:15〜16:15 野本繭子
「ガボン共和国ムカラバ−ドゥドゥ国立公園とその周辺におけるマルミミゾウの環境利用―ゾウ道の利用に着目して」

16:15〜17:15 片畑剛志(自然人類研究室)
「骨迷路の計測的特徴における縄文時代人の地域間変異」


■2018年2月6日
10:00〜11:00 矢野竜太郎(人類進化論研究室)
「ニホンザルにおける休息中の見回し行動―発情メスに着目して」

11:00〜12:00 小林諭史(自然人類研究室)
「ヒト上科における生後の四肢骨幹長の相対成長」

12:00〜13:00 昼食

13:00〜14:00 山上昌紘(人類進化論研究室)
「野生チンパンジーにおける社会的グルーミング―両手と口の使用に着目して」

14:00〜15:00 野村嘉孝(自然人類研究室)
「高解像度MRIを用いた三次元形態解析に基づくテナガザル科の喉頭筋と音声の関係」

18:30頃〜 打ち上げ
182

戻る