人類進化論ゼミのお知らせ

最終更新: 2020年5月19日

人類進化論ゼミは、毎週金曜日13時30分より、京都大学理学部2号館315号室 (3階エレベーター前)で行われています:(時間と場所は都合により変更することがありますのでご注意ください)。来聴歓迎。 また、人類進化論ゼミで発表したいという方は、ゼミ係(seminar(a)jinrui.zool.kyoto-u.ac.jp、(a)を@に置き換えてください)までご連絡ください。

2020/05/22(金) 人類進化論ゼミのご案内|Seminar of Human Evolution Studies

日時:2020年5月22日(金)13:30〜
ビデオ会議アプリZoomでの開催となります。

●田伏 良幸(京都大・人類進化論)
 「博士研究計画:ヤクシマザルの文化伝達に岩場が果たす役割」

-----------------------
Date: Friday, May 22nd, 2020, 13:30-
We will have this seminar with Zoom.

●Yoshiyuki TABUSE (Lab. of Human Evolution Studies, Kyoto Univ.)
"Study plan: The role which rock fields play in cultural transmission of Japanese macaques (Macaca fuscata yakui)"

2020/05/15(金) 人類進化論ゼミのご案内|Seminar of Human Evolution Studies

日時:2020年5月15日(金)13:30〜
今週のゼミは、論文投稿直前の内容を発表するため、研究室内のみでの発表とさせていただきます。
予めご了承ください。

● 半沢 真帆(京都大・人類進化論)
 
-----------------------
Date: Friday, May 15th, 2020, 13:30-
We will have this seminar only in our laboratory becaue of the content which she going to submit as a paper at once.
We appriciate your understanding in advance.


● Maho HANZAWA(Lab. of Human Evolution Studies, Kyoto Univ.)

2020/05/08(金) 人類進化論ゼミのご案内|Seminar of Human Evolution Studies

日時:2020年5月8日(金)13:30〜
ビデオ会議アプリZoomでの開催となります。

● 中村 美知夫(京都大・人類進化論)
 「霊長類における『挨拶』の紹介(およびレビューワークのすすめ)」

-----------------------
Date: Friday, May 8th, 2020, 13:30-
We will have this seminar with Zoom.

● Michio NAKAMURA(Lab. of Human Evolution Studies, Kyoto Univ.)
"Introduction to 'greetings' in primates (and encouragement of review works)"

2020/05/01(金) 人類進化論ゼミのご案内|Seminar of Human Evolution Studies

日時:2020年5月1日(金)13:30〜
ビデオ会議アプリZoomでの開催となります。

● 清家 多慧(京都大・人類進化論)
 「帰国報告:マハレ山塊国立公園のアカオザルの生態―特に他種とのかかわりに着目して―」

-----------------------
Date: Friday, May 1st, 2020, 13:30-
We will have this seminar with Zoom.

● Tae SEIKE (Lab. of Human Evolution Studies, Kyoto Univ.)
"Research report: ecology of red-tailed monkeys in Mahale Mountains National Park."

2020/04/24(金) 人類進化論ゼミのご案内|Seminar of Human Evolution Studies

日時:2020年4月24日(金)13:30〜
ビデオ会議アプリZoomでの開催となります。

● 野本 繭子(京都大・人類進化論)
 「帰国報告:マルミミゾウにおける食物選択と環境選択の性年齢差」

-----------------------
Date: Friday, April 24th, 2020, 13:30-
We will have this seminar with Zoom.

● Mayuko NOMOTO (Lab. of Human Evolution Studies, Kyoto Univ.)
"Interim report: Differences in food and habitat choice of forest elephants according to the sex and age class"

2020/04/17(金) 人類進化論ゼミのご案内|Seminar of Human Evolution Studies

日時:2020年4月17日(金)13:30〜
ビデオ会議アプリZoomでの開催となります。

● 大橋篤(京都大・人類進化論)
 「自己紹介ゼミ」
 
● 中塚雅賀(京都大・人類進化論)
 「自己紹介ゼミ」

-----------------------
Date: Friday, April 17th, 2020, 13:30-
We will have this seminar with Zoom.

● Atsushi Ohashi (Lab. of Human Evolution Studies, Kyoto Univ.)
"Self-introduction"

●Masanori NAKATSUKA (Lab. of Human Evolution Studies, Kyoto Univ.)
"Self-introduction"

2020/02/28(金) 人類進化論ゼミのご案内|Seminar of Human Evolution Studies

日時:2020年2月28日(金)13:30〜
場所:理学2号館315号室

●田村 大也(京都大・人類進化論)
 「野生ニシローランドゴリラのアフリカショウガ採食における利き手」

-----------------------
Date: Friday, February 28th, 2020, 13:30-
Place: Room #315, Building #2, Graduate School of Science

● Masaya TAMURA (Lab. of Human Evolution Studies, Kyoto Univ.)
"Hand preferences for unimanual and bimanual feeding of African gingers (Zingiberaceae) in wild western lowland gorillas (Gorilla gorilla gorilla)"


2020/02/21(金) 人類進化論ゼミのご案内|Seminar of Human Evolution Studies

日時:2020年2月21日(金)13:30〜
場所:理学2号館315号室

● 吉村 恒熙(京都大・人類進化論)
 「調査報告:北きつね牧場のアカギツネにおける自己家畜化の可能性の検討」
 
● 疋田 研一郎(京都大・人類進化論)
 「帰国報告:タンザニア・マハレ山塊国立公園における野生チンパンジー調査 
−毛づくろい中のリップスマックと肉と性行動の交換事例について―」

-----------------------
Date: Friday, Febuarary 21st, 2020, 13:30-
Place: Room #315, Building #2, Graduate School of Science

● Koki YOSHIMURA (Lab. of Human Evolution Studies, Kyoto Univ.)
"The possibility of self-domestication in captive red foxes"

● Kenichiro HIKIDA (Lab. of Human Evolution Studies, Kyoto Univ.)
"Research report of wild chimpanzees in Mahale Mountains National Park, Tanzania
- Lipsmacking during grooming and case study of 'sex for meat' -"


2020/02/13(木) 人類進化論・自然人類学 合同ゼミのご案内

日時:2020年2月13日(木)13:30〜
場所:京都大学 理学2号館113号室

【講演要旨】
Language is also behaviour

●Damián Blasi

By far, the most popular (and largely successful) approach to the study
of language has been to take the perspective of language as mainly a
cognitive system (or, somewhat related to this, as a set of rules that
represent the implicit knowledge of its users.) This strategy has
developed a highly specialized theoretical and technical repertoire
centered around (languaged) humans. But language is also behavior - we
learn and use language on the basis of overt behavior. In this
presentation I discuss the ways in which such point of view could
further our understanding of language, partially by expanding the
possibilities of comparative research. I will (1) discuss how languages
have been partially affected by very concrete ecological and behavioral
pressures, (2) provide a new spin on the classic idea that some of the
structure of language has been adapted to minimize behavioral costs
across the board, and (3) discuss some recent projects of mine that
interface with primatology.

2020/02/07(金) 2019年度理学部生物科学課題研究(霊長類行動生態学)発表会のご案内

発表日時:2020年2月7日(金) 13:30〜
場所:理学2号館315号室

13:30〜14:30
大橋 篤
「ニホンザルのベビースキーマがヒトーニホンザル間のインタラクションに及ぼす影響」

14:30〜15:30
舟川 一穂
「安定同位体比による食性解析から見る嵐山ニホンザルの個体差」


15:30〜15:45
休憩

15:45〜16:45
中塚 雅賀
「飼育下のフクロテナガザルの父子間における食物移動と『社会的移動遊び』」

16:45〜17:45
新林 拓歩
「心の理論における言語の影響と大型類人猿を対象とした視覚抽象度遷移課題の提案」



このページは、人類進化論研究室ゼミ係が管理しています。お問い合わせはseminar(a)jinrui.zool.kyoto-u.ac.jpまで((a)を@に置き換えてくだ さい)

人類進化論HPタイトル画像人類進化論ホームページに戻る

レッツPHP!