中川尚史中川尚史 “ふつう”のサル(の)学研究室

English

ご挨拶

中川尚史 “ふつう”のサル(の)学研究室

中川尚史

本サイトは、中川尚史(なかがわなおふみ)の1大学人としての研究、教育・啓蒙活動をご紹介するHPです。

周知の通り、現在、大学には独立法人化の波が押し寄せています。また、同時に、大学教員の任期制の導入も進行しつつあります。つまり、大学教員は大学という組織に永久的に守られる保証もなく、さらには組織そのものもその地位が保証されることのない時代が到来しつつあるわけです。

私はこれまで長らく「採食速度」(単位時間当たりの採食量、摂取エネルギー・栄養量)を独自のツールとして、主にニホンザルの採食生態、パタスモンキーとサバンナモンキーの比較採食生態学的研究を行ってきました。その後、これまで培ってきた素養をベースに生態学的要因が霊長類の社会に及ぼす影響を探る社会生態学的研究に研究関心がシフトし、現在では、他大学を含めた多くの研究者と一緒にニホンザル種内の性行動、社会行動の種内変異を、環境や遺伝子との関連で調べる研究プロジェクトを進行中です。具体的には、抱擁行動の有無、ならびに抱擁の型の地域変異を環境でも遺伝子でも説明できない文化的変異と解釈する一方で、1回の交尾に要するマウンティングの回数や時間長の地域変異が環境適応で説明できること、社会の持つ寛容性の地域変異が攻撃性と関わる遺伝子と関連があることが分かりつつあります。また、ヒト属の進化の舞台であったアフリカのサバンナに住むパタスモンキーの生態研究から当時の人類に起こった幾つかの事象を探ったり、文献調査によりヒトの父系社会の系譜を探る試みも並行して行っています。2015年8月1日より人類進化論研究室の准教授から教授に昇進しました。これを機会に、研究上のキャッチフレーズを、人類に近縁な類人猿ではない『“ふつう”のサルから人類の起源と進化を語る』とするとともに、このHP上の研究室名も、「中川尚史 サル学研究室」から「中川尚史 “ふつう”のサル(の)学研究室」と名称を改めました。

私自身はずっと以前から、大学教員というのは「いわば個人商店主みたいなもんだ」と思っておりましたので、本HPでは研究室を会社とみなして作成しています。よって、通常の大学教員のHPとは一見趣が異なり、読みづらい点も多々あるとは存じますが、上述の意図を酌んでどうかご容赦頂きたく存じます。また、正直申し上げて、強引に会社と見なすことに伴う不適切な表現もあるとは思いますが、その点にはどうか目をつぶって頂けるようお願いいたします。

弊社の沿革(詳細はこちら

弊社は、1984年より5年間の準備期間を経て、1989年3月京都大学からの認可を受けて翌4月に設立されました。その後、2年間は日本学術振興会と契約を結び研究に重点を置いておりましたが、1991年4月よりシオン短期大学の傘下に入ったのをきっかけに、教育・啓蒙活動にも事業を拡大いたしました。 さらに1996年4月からは神戸市看護大学の設立を期にその傘下に入りましたが、2004年11月よりコングロマリット京都大学のフランチャイズ店となり、2015年8月からはおかげさまでこれまでの営業成績により優良店と認定されるに至り、店名を「中川尚史 “ふつう”のサル(の)学研究室」と改めました。これまでと変わらぬご愛顧をよろしくお願いします。なお、1995年には弊社の製品のひとつである『サルの食卓-採食生態学入門』に対し、日本霊長類学会学術奨励賞が授与されています。

弊社は現在、日本霊長類学会、日本動物行動学会、日本アフリカ学会、日本生態学会、国際霊長類学会、日本人類学会進化人類学分科会、日本哺乳類学会の会員となっています。

新着情報

2016年以降の出版物に「要旨」「解説」を加えました。ニュースページからクリックしてお楽しみください。 NEW
 日本哺乳類学会2017年度大会企画シンポミウム『次代の若手研究者・学生が目指すべき道~哺乳類学の先輩と語ろう~」でパネラーとして登壇しました。 NEW
『サルってさいこう!』(オーウェン・デイビー作,越智典子訳,中川尚史監修)が刊行されました。 NEW
『日本のサル―哺乳類学としてのニホンザル研究』(辻大和,中川尚史編著)が刊行されました。 NEW
ホームページを全面的にリニューアルしました。 
メニューボタン