家のアイコンホーム
顔のアイコン略歴
双眼鏡とノートのアイコン研究
チンプのアイコンチンパンジー
オオミミギツネのアイコン写真館
ニホンザルのアイコンニホンザル
お絵描きのアイコンお絵描き
虫眼鏡アイコンリンク
メール
エゲレスのアイコンEnglish
人類のアイコン人類へ戻る

「サル学」の系譜
人とチンパンジーの50年

本の表紙

中村美知夫 著、中公叢書、2015年9月刊行、299ページ、定価1900円(税別)、ISBN978-4-12-004756-5 C1045
Amazon紀伊國屋書店楽天ブックスセブンアンドワイ


ご案内

 2冊めの著書となります。マハレのチンパンジー研究が50年の節目を迎えるのを機会に霊長類学の誕生から始めて、マハレ以前のアフリカでの類人猿研究、そしてマハレでの50年間の研究史を描きました。

  ◎日本経済新聞(2015年10月11日)の書評面で紹介されました。
  ◎東京新聞 夕刊(2015年10月13日)の松木武彦氏による連載「歴史への冒険―考古学のいま」の中で紹介されました。
  ◎週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号 井上章一氏による書評
  ◎福岡弁護士会 霧山昴氏による書評
  ◎霊長類研究 金森朝子氏による書評


目次

まえがき

第一章 チンパンジー研究前史
始まりの場所―幸島/今西錦司―その動物社会へのまなざし/群れ生活者へのこだわり/動物の「カルチュア」/今西のユニークな研究姿勢/私から見た今西/ウマからサルへ/霊長類とは/ニホンザル研究の展開と方法論/日本モンキーセンターの設立
コラム① ントロギ  

第二章 類人猿を追って
今西と伊谷アフリカへ/アフリカの毒/ゴリラからチンパンジーへ/カボゴに基地を建てる/自然人類学研究室の開設/カボゴを捨てカサカティへ/フィラバンガの行列/トングウェとの出会い/伊谷純一郎という人/三つのフィールド、三つの道
コラム② グウェクロ/ファトゥマ  

第三章 黎明期のマハレ
マハレでの調査開始/トングウェの村/試行錯誤/餌づけの成功/集団間関係の解明/単位集団/「コミュニティ」という用語のすり替え/日本での動き/チンパンジーの「挨拶」/道具使用の観察/トングウェの研究/精霊と共に暮らす人びと
コラム③ ンコンボ/ベンベ  

第四章 カジャバラ集団の消失と国立公園の制定
JICAプロジェクト/社会的慣習の発見/雄の「政治的」駆け引き/今西―伊谷論争/伊谷の再反論/カジャバラ集団の消失/K集団の雄たちはM集団に殺害されたのか?/社会生物学の受容/チンパンジーを好きになれなかった研究者/研究トピックの多様化/国立公園に
コラム④ ファナナ/アロフ/アビ  

第五章 研究の深化とントロギ時代の終焉
国立公園化の効果/社会的相互行為の研究/ントロギの時代/ライオンによる捕食/チンパンジーの生物学的位置/「サル学」批判/もうやることは何もない?/ントロギ時代の終焉/謎の大量消失/マハレ野生動物保護協会の設立
コラム⑤ ダーウィン/チェルシー/ターニー  

第六章 「チンパンジー文化」の時代
社会は変わる/臆病だった雌たち/雌の時代/増える新しい研究者たち/植物季節学調査/文化研究の隆盛/文化と知性、そして社会/行動目録の作成/新奇な行動/外来樹種ムジョホロ/頻繁な第一位雄交代
コラム⑥ ミチオ/カルメン/オスカー  

第七章 西田の死と苦難の時代
新規研究者の減少/二〇〇六年の疫病/「社会の学」の復興/西田の死/第一位雄ピムの死/ムトゥンダという男/失われつつある知識/ヒョウはチンパンジーの捕食者か/マハレにおいてヒョウは稀なのか/フィールドワークへの逆風
コラム⑦ キルト/XT一一/オマリ  

第八章 新たな歴史を紡ぐ
人間以外の「歴史」/歴史の偶然性/長期データの活用/雌の共存/絶滅の危機に瀕するチンパンジー/研究者の果たすべき役割/伝統知を保全に活かす/そして未来へ……

あとがき

引用文献

年表

■著作案内■


(表紙画像をクリックすると詳細が表示されます)